2010年03月18日

オークションは、始まったばかり、だから危険がいっぱい「人は恐ろし、明日は雨」

第1巻、第2巻.jpg
達人
ところで、原始時代だったら、その場で、物々交換しただろ、日本で初めてお金が使われ始めたのも708年和同開珎だから1300年ぐらいたっている。

それなのに、オークションは、1999年9月28日に日本でYahoo!オークションが開始されまだ10年しかたっていない
オークションはまだ、日が浅い特別な取引方法だから仕方なかったとあきらめたよ。

S子 
で、どこが、特別なの?
達人
オークションの場合、落札すると、法律上、売買契約が成立するよ。

でも、落札された瞬間には当然、お金も振り込んでいないし、商品も送られてきていない。

契約が成立しているわけだから、落札者はお金を振り込む義務が生じ、出品者はお金が振り込まれたら商品を送る義務が発生する。
普通じゃないだろ?

S子 確かにそうだわ。服を買うにも、お金と交換だもの。
でも、通信販売とは、一緒じゃない。

達人 少し違うよ。通信販売は、確かに、お金を振り込んでから商品が送られてくる点では同じだけど、例えば、D●Cやファ●ケルから化粧品を買う場合、メーカーのホームページから直接買うだろ。

ところが、オークションだとYahooのホームページや楽天オークションなど、検索エンジンや他のショップと同じところから、入札するだろ。

S子 確かにそうだわ、でも、なぜ、それが問題なの?

達人 実は、恥ずかしながら、出品者は、ヤフオクなどの大企業が管理していると思っていたのだよ。
さながら、百貨店の専門店街のようにイメージしていた。

S子 違うの?

達人 違うよ。ヤフオクはただ、場所を提供しているだけ、利用料でシステムを運営しているだけで、取引は当人同士で、やってくださいが基本だよ。

S子 出品者の審査はないの?

達人 今は住所の確認等の審査はあるけど、昔はなかった時期もあったらしい。

S子 じゃ、オークションを楽しむにはどうしたらいいの?

達人 「人は恐ろし、明日は雨」と思って、取引をしたら、安心だよ。


出品中の商品はこちら
posted by オークションの達人 at 21:40| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする